タイランド湾(読み)タイランドわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイランド湾
たいらんどわん
Gulf of Thailand

マレー半島北部とインドシナ半島の間にある南シナ海の支湾。別称タイ湾。シャム湾Gulf of Siamともよばれた。湾奥にはチャオプラヤー川が注ぎ、その河口にはタイの首都バンコクがある。サタヒープ岬と海岸保養地のホアヒンを結ぶ線より北はバンコク湾とよばれる。スンダ陸棚上の湾であるので水深は50メートル以浅の部分が多く、バンコク湾は20メートル以浅である。古くから海上交通が行われ、沿岸では漁業が盛んである。[大矢雅彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android