コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイムスクリングラ Heimskringla

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイムスクリングラ【Heimskringla】

スノッリ・ストゥルルソン作のサガ。1230年ころの作。最古の伝説時代から1177年にいたるノルウェー王朝史を扱う。〈ヘイムスクリングラ〉は〈世界の環〉の意で,写本の冒頭の語から採られている。一大長編で,ヨーロッパ中世にあって自国語で書かれた歴史記録として質量ともに最もすぐれたものの一つであろう。内容は,(1)異教時代の北ゲルマン人の信仰,生活,文化,(2)キリスト教改宗期の変化,(3)改宗後の歩み,という北欧スカンジナビア史の3段階が詳細に叙述され,北欧の激動期を知るうえでの興味の尽きない資料といえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘイムスクリングラの言及

【サガ】より

… 〈王のサガ〉の舞台はアイスランドの国外で,主としてノルウェーやデンマークの王侯の事跡を扱っている。これに入るもののうち最大のものはスノッリ・ストゥルルソンの書いた膨大なノルウェー王朝史《ヘイムスクリングラ》である。その序章の〈ユングリンガ・サガ〉はノルウェー王家の系譜を神代から説きおこし,以下につづく16のサガで一人一人の王の生涯と事跡とを語る。…

※「ヘイムスクリングラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘイムスクリングラの関連キーワードスノッリ・ストゥルルソンスノッリ・スツルソンノルウェー文学サイムンドルパウルソン北欧文学