コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイレージ haylage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘイレージ
haylage

低水分サイレージともいう。家畜に与える粗飼料の一種で,干し草 hayとサイレージ silageを組合せてできた言葉。サイロ内で牧草を乳酸発酵させてサイレージを調整する際,普通水分含量 60~70%となるところを,材料草を予乾させて 50%以下に調整したもの。一般に干し草の水分含量は 15%程度であり,サイレージと干し草の中間の水分含量であるところからヘイレージと呼ばれるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android