干し草(読み)ほしくさ(英語表記)hay

翻訳|hay

世界大百科事典 第2版「干し草」の解説

ほしくさ【干し草 hay】

牧草野草を刈り取って乾燥したもので,冬季の青がない時期の家畜飼料の一つ。乾草とも書く。サイレージふすまなどとともに家畜に与えられる。アルファルファ,イタリアンライグラスおよびオーチャードグラスとクローバー類の混播(こんぱん)牧草などが主として用いられる。刈取時期は牧草の種類によって異なるが,栄養価や家畜の嗜好(しこう)性などからみた品質と収量の両面から,一般に開花初期がよいとされている。モーアで刈り取り,その場に広げて乾燥するが,ヘーコンディショナーで茎葉に傷をつけると,水分の蒸発を促進させる効果が高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の干し草の言及

【飼料作物】より

…家畜や家禽(かきん)の餌(えさ)とするために栽培される植物。牧草や飼料用根菜類だけでなく,普通は子実やいもを人間が食用としている作物であっても,これを家畜の餌用に栽培する場合は飼料作物とされる。たとえばトウモロコシやオオムギ,ライムギ,ダイズ,サツマイモなどの子実やいもは,人類にとって重要な食糧であり,一般には食用作物として扱われるが,これらの子実やいも,茎葉を餌として与えるために栽培される場合は飼料作物として扱われる。…

※「干し草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android