ヘドウィヒ・ガラス(英語表記)Hedwig glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘドウィヒ・ガラス
Hedwig glass

11~12世紀に地中海南東岸地域のガラス産地で作られたやや茶色を帯びたレリーフ・カットのガラス器。近年南ロシアのビザンチン遺跡で幾例か発掘されたことから,ビザンチン・ガラスと考えられるようになった。厚手のタンブラー型の杯で,外表面に図式化したライオン,ワシ,葉文などがレリーフ状に彫り出されている。代表的作品は,シュレジエン公ハインリヒ1世夫人ヘドウィヒ所蔵のガラス聖餐杯で,この種のガラス器の呼称ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android