コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリサイト構造 ヘリサイトこうぞうhelicitic

岩石学辞典の解説

ヘリサイト構造

変成岩の斑状変晶の中に包有物が封入されたことが原因で形成されたもの.包有物の模様は結晶の中で面状や曲線状などを示し,周囲の斑状変晶鉱物よりも古く斑状変晶の形成前の配列を保持している.厳密には半対象的でS字型の形の包有物がポイキロブラスティックの結晶の中に形成されたもの[Weinschenk : 1902, Backström : 1918, Barker : 1990].後に形成された結晶,特に斑状変晶の中に既存の片理や層理の模様を示す包有物の縞がある組織で,斑状変晶の中の模様はSi(内部)と岩石の新しく面的な模様のSe(外部)がある[Bowes : 1989].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android