コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリサイト構造 ヘリサイトこうぞう helicitic

1件 の用語解説(ヘリサイト構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ヘリサイト構造

変成岩の斑状変晶の中に包有物が封入されたことが原因で形成されたもの.包有物の模様は結晶の中で面状や曲線状などを示し,周囲の斑状変晶鉱物よりも古く斑状変晶の形成前の配列を保持している.厳密には半対象的でS字型の形の包有物がポイキロブラスティックの結晶の中に形成されたもの[Weinschenk : 1902, Backström : 1918, Barker : 1990].後に形成された結晶,特に斑状変晶の中に既存の片理や層理の模様を示す包有物の縞がある組織で,斑状変晶の中の模様はSi(内部)と岩石の新しく面的な模様のSe(外部)がある[Bowes : 1989].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリサイト構造の関連キーワード雪だるま構造斑状変晶ヘリサイト状斑状変晶エスイー片理偽斑状変晶質斑状変晶質組織プレキネマティック組織斑状変成岩塩基性包有物同源包有物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone