コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルゴット教会 ヘルゴットきょうかい

1件 の用語解説(ヘルゴット教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルゴットきょうかい【ヘルゴット教会】

ドイツ南部、バイエルン州ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)から18kmほどの小さな町クレクリンゲン(Creglingen)の町はずれ、ロマンチック街道沿いにある教会。ここには、ドイツの著名な彫刻家リーメンシュナイダー(Tilman Riemenschneider、1460頃~1531年)の最高傑作の一つ、「聖母マリアの昇天」の祭壇がある。1505~1510年ごろに制作された、聖母マリアや十二使徒の精緻(せいち)で見事な木彫りのレリーフが施されている。この教会が建てられたのは、1384年に農夫が聖餅(ホスティア)を見つけたことに始まる。その噂を聞いて巡礼に訪れる人々が増えたことから、クレクリンゲンの領主のホーエンローエ・ブラウネック伯爵が、聖餅が発見された場所に教会を建てた。その後、16世紀に入って、教会の内装を大規模に改造することになり、このときにリーメンシュナイダーの「聖母マリアの昇天」の祭壇が設置された。ローテンブルクからクレクリンゲンまではバスが運行している(所要時間約20分)が、本数は少ない。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルゴット教会の関連キーワードアシャッフェンブルクシュバーベンアウグスブルクアウグスブルク大聖堂クルムバッハニンフェンブルク城プリーンミッテンワルトローテンブルクローテンブルク岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone