コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルゴット教会 ヘルゴットきょうかい

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルゴットきょうかい【ヘルゴット教会】

ドイツ南部、バイエルン州のローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)から18kmほどの小さな町クレクリンゲン(Creglingen)の町はずれ、ロマンチック街道沿いにある教会。ここには、ドイツの著名な彫刻家リーメンシュナイダー(Tilman Riemenschneider、1460頃~1531年)の最高傑作の一つ、「聖母マリアの昇天」の祭壇がある。1505~1510年ごろに制作された、聖母マリアや十二使徒の精緻(せいち)で見事な木彫りのレリーフが施されている。この教会が建てられたのは、1384年に農夫が聖餅(ホスティア)を見つけたことに始まる。その噂を聞いて巡礼に訪れる人々が増えたことから、クレクリンゲンの領主のホーエンローエ・ブラウネック伯爵が、聖餅が発見された場所に教会を建てた。その後、16世紀に入って、教会の内装を大規模に改造することになり、このときにリーメンシュナイダーの「聖母マリアの昇天」の祭壇が設置された。ローテンブルクからクレクリンゲンまではバスが運行している(所要時間約20分)が、本数は少ない。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android