コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルシンキのオリンピック競技場 ヘルシンキのオリンピックきょうぎじょう

1件 の用語解説(ヘルシンキのオリンピック競技場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルシンキのオリンピックきょうぎじょう【ヘルシンキのオリンピック競技場】

フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)にある、1952年夏に行われた夏季オリンピックメインスタジアム陸上競技場)。トラムのオリンピアスタディオン(Olympiastadion)停留所から徒歩約3分の場所にある。高さ72mのスタディウムタワーの展望台から、ヘルシンキの市街やトーロ湾、エラインタルハ湾などを一望できる。また、メインスタジアムにはスポーツ博物館が併設されていて、フィンランドのスポーツの歴史や歴代のオリンピックに関する展示が行われている。メインスタジアムの北にはサッカー場のフィンエアースタジアムやアイスホールが、東にはリンナマキ遊園地がある。◇現地名は「Olympiastadion」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルシンキのオリンピック競技場の関連キーワードヘルシンキ宣言芬蘭スオメンリンナフィン級ヘルシンキ大聖堂フィンランド放送交響楽団ヘルシンキ・シティ・マラソンヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団ヘルシンキの夏至祭ヘルシンキ岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone