ヘルシンキのオリンピック競技場(読み)ヘルシンキのオリンピックきょうぎじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ヘルシンキのオリンピックきょうぎじょう【ヘルシンキのオリンピック競技場】

フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)にある、1952年夏に行われた夏季オリンピックのメインスタジアム(陸上競技場)。トラムオリンピアスタディオン(Olympiastadion)停留所から徒歩約3分の場所にある。高さ72mのスタディウムタワーの展望台から、ヘルシンキの市街やトーロ湾、エラインタルハ湾などを一望できる。また、メインスタジアムにはスポーツ博物館が併設されていて、フィンランドのスポーツの歴史や歴代のオリンピックに関する展示が行われている。メインスタジアムの北にはサッカー場のフィンエアースタジアムやアイスホールが、東にはリンナマキ遊園地がある。◇現地名は「Olympiastadion」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android