ヘルムホルツエネルギー

化学辞典 第2版「ヘルムホルツエネルギー」の解説

ヘルムホルツエネルギー
ヘルムホルツエネルギー
Helmholtz energy

熱力学第二法則にもとづく熱力学的関数の一つ.内部エネルギーUエントロピーS,絶対温度をTとしたとき,

UTSA
をいい,その変化量は最大仕事量に等しいので,これを最大仕事関数ともいう.[別用語参照]自由エネルギー

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android