コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱力学第二法則 ねつりきがくだいにほうそくsecond law of thermodynamics

2件 の用語解説(熱力学第二法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱力学第二法則
ねつりきがくだいにほうそく
second law of thermodynamics

巨視的な現象が一般に不可逆変化であることを主張する法則。この法則は,研究した学者によって,いろいろな表現がされている。 R.クラウジウスは「熱が移動したという現象のほかには,他になんの変化も残さないで,熱を低温の物体から高温の物体に移す方法はない」と表現し,W.トムソン (ケルビン卿) は「熱源から得た熱を仕事に変えるだけで,他になんの変化も残さないで操作する熱機関は存在しない」といい,また M.プランクは「重いものを持上げ,これに対して熱源を冷却すること以外に,なんの作用もしないで周期的に働く機械をつくることは不可能である」と唱えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone