ヘルムート リリング(英語表記)Helmuth Rilling

現代外国人名録2012の解説

ヘルムート リリング
Helmuth Rilling


国籍
ドイツ

専門
指揮者;オルガン奏者

肩書
フランクフルト音楽大学教授

生年月日
1933/5/29

出生地
ドイツ シュトゥットガルト

学歴
シュトゥットガルト高等音楽院;サンタ・チェチーリア音楽院

経歴
父は音楽教師、母はバイオリニストの家庭に育ち、プロテスタント神学校で教育を受ける。シュトゥットガルトでカール・ゲーロクにオルガンを、ヨーハン・ネーポムク・ダーフィトに作曲を、ハンス・グリシュカートに合唱指揮を師事した。またサンタ・チェチーリアではフェルナンド・ジェルマーニにオルガンを学ぶ。1954年自らの聖歌隊・ゲッヒンゲン・カントライを結成、本格的にバッハ上演に取り組む。’57年シュトゥットガルトのゲデヒトニス教会のカントール兼オルガニストとなる。ここでフィグラール合唱団を結成。’65年シュトゥットガルト・バッハコレギウム管弦楽団を結成、指揮者に就任。’69年にはシュトゥットガルト高等音楽院の教授に任命され、同年フランクフルト・カントライの指揮者にもなる。’72年からJ.S.バッハの全カンタータの録音に取りかかる。’74年初来日。バッハの演奏と研究で世界的に知られ、’84年春、演奏と実技指導を合わせて行う日本バッハ・アカデミーのため来日。2010年にはライフワークとする「ロ短調ミサ曲」を日本各地の演奏団体と上演した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android