シュトゥットガルト(読み)しゅとぅっとがると(英語表記)Stuttgart

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトゥットガルト
しゅとぅっとがると
Stuttgart

ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の州都。人口58万8500(2002)。シュツットガルトとも書く。ネッカー川中流左岸、北東―南西方向の細長い盆地状の凹地に位置し、市街地の三方は森林や果樹園の多い丘陵地。北東部のみネッカー川に向かって開いており、対岸には大量の湧水(ゆうすい)を誇る鉱泉がある。12世紀から19世紀の間、公爵領、大公領、王国の首都として拡大を続け、政治、経済、文化などの中心地としての機能を高めたが、第二次世界大戦後の1953年以降は州都としての諸機能がますます充実している。その一方で、19世紀末に電気機器のボッシュ、自動車のダイムラーなどが工場を設けてから、商工業を軸とした都市成長も目覚ましく、周辺市町村を合併して市域を著しく拡大し、ドイツでも有数の人口・商工業稠密(ちゅうみつ)地帯をなすネッカー川中流域工業都市群の中核都市となっている。[朝野洋一]

歴史

シュワーベン大公の養馬場からおこり、13世紀に都市となった。15世紀なかばにはウュルテンベルク伯の居住地として栄え、市庁舎や造幣所が建てられて、人口約6000を擁した。16世紀の発展は三十年戦争で中断し、1万の人口は半減した。19世紀にウュルテンベルク王国の首都として政治と文化の中心地になり、19世紀後半から染料、機械、精糖、電気機器、自動車工業がおこった。第二次世界大戦後は一時(1945.7.8~46.12.31)アメリカ占領地区に入った。出版業者コッタ、哲学者ヘーゲル、詩人ウーラント、メーリケらの生地である。[諸田 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シュトゥットガルト【Stuttgart】

ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の州都。人口58万8000(1995)。ネッカー川に近い盆地上の峡谷に発達した起伏の多い都市。ベンツなどの自動車,ツァイスなどの光学機械をはじめ電気・電子・精密機械を含む商工業の中心地。印刷・出版業(コッタレクラムなど)でもドイツ屈指の位置にある。州政府,州議会などのほか,連邦国防軍の諸施設,駐欧アメリカ軍司令部の所在地でもある。工科大学,博物館など多くの研究・教育・文化施設も集中している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シュトゥットガルト

(Stuttgart) ドイツ南西部、シュワーベン地方の中心都市。ライン川の支流ネッカー川に臨む。バーデン‐ビュルテンベルク州の州都。電気機器・自動車・光学機械・出版業の一大中心地として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android