ヘルムート ラッヘンマン(英語表記)Helmut Lachenmann

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
作曲家

国籍
ドイツ

生年月日
1935年

出生地
バーデン・ビュルテンベルク州シュトゥットガルト

経歴
シュトゥットガルト、ダルムシュタットで学んだ後、ベネチアでルイジ・ノーノに、ケルンでカールハインツ・シュトックハウゼンに師事。シュトゥットガルト、ルートヴィヒスブルクで教鞭を執り、1976年以後ハノーファー音楽大学教授を務める。’60年代後半から新しい音楽語法と構造を求め、従来とは異なる独自の響きを探究。通常の楽器奏法を拒み、特殊奏法を徹底した構造的な音楽作りを試みる。欧州の戦後第二世代の前衛音楽界を代表する作曲家の一人。作曲作品に「5つのストロフ」(’61年)、「シュヴァンクンゲン・アム・ラント」(’74〜75年)、「ドイツ歌曲による舞踏組曲」(’79〜80年)などがある。2000年オペラ「マッチ売りの少女」(’97年初演)が日本で初演された。2009年武満徹作曲賞の審査員として来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android