コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベナールの渦 Benard convection

1件 の用語解説(ベナールの渦の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ベナールの渦【Benard convection】

水平な流体層を下から一様に加熱したとき,レイリー数がある一定値(約1700)に達すると,熱伝導はそれまでの伝導によるものから突然に対流によるものに変化し,蜂の巣状やロール状の規則正しい細胞模様(渦巻き)が生成する.もともとフランスベナール(H. Benard)が巻積雲の発生機構を,この蜂の巣状対流を利用して解明したので,「ベナール対流」とかベナールの渦と呼ぶようになった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベナールの渦の関連キーワード煤塵生酒平ら一面クッタジュコフスキーの定理加熱損失カラメル化間接蒸気加熱法ローレンツモデルアカ(鉄の) (scale)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone