コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベナールの渦 Benard convection

法則の辞典の解説

ベナールの渦【Benard convection】

水平な流体層を下から一様に加熱したとき,レイリー数がある一定値(約1700)に達すると,熱伝導はそれまでの伝導によるものから突然に対流によるものに変化し,蜂の巣状やロール状の規則正しい細胞模様(渦巻き)が生成する.もともとフランスのベナール(H. Benard)が巻積雲の発生機構を,この蜂の巣状対流を利用して解明したので,「ベナール対流」とかベナールの渦と呼ぶようになった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ベナールの渦の関連キーワード散逸構造

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android