伝導(読み)でんどう

精選版 日本国語大辞典「伝導」の解説

でん‐どう ‥ダウ【伝導】

〘名〙
① 伝え導くこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)九・水心寺詩〈大江匡房〉「余杭蕭寺在湖頭、伝水心景趣幽」
② 熱や電気などが物質内を移動する現象。「熱伝導」「電気伝導」など。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「伝導」の解説

伝導
でんどう
conduction

物体内を熱あるいは電気(電荷)が移動する現象を伝導という。前者が熱伝導、後者が電気伝導(電導)である。

[野口精一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android