コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻積雲 けんせきうんcirrocumulus

翻訳|cirrocumulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻積雲
けんせきうん
cirrocumulus

上層に属し,白色の小さい雲片の群れが蜂の巣状,うろこ状,波状の形をした略号 Cc。氷晶からなり通常 5~13kmの高さに現れるが,極地方では 3~8km,熱帯地方では 6~18kmに現れる。陰影はなく一般に白色に見える。巻雲巻層雲から変化した状態が大部分で,長続きはしない。日本の俗称では,うろこ雲いわし雲さば雲といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんせき‐うん【巻積雲/絹積雲】

十種雲形雲級)の一。白い小さな雲塊が集まっているもの。氷晶の集まりで、ふつう5~13キロの高さに現れる。略号はCc。鱗雲(うろこぐも)。鯖雲(さばぐも)。鰯雲(いわしぐも)。→雲級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

巻積雲【けんせきうん】

絹積雲とも書く。上層雲の一つ。団塊状の雲で,氷晶からなる。小さな粒状の雲塊が集まって,巻雲状の層または斑の群になっているが,規則正しく並びがちで,海辺の砂上に現れるさざ波形に似た模様に見えることも多い。
→関連項目鰯雲さば(鯖)雲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻積雲
けんせきうん
cirrocumulus

記号Cc。日本では、晴れた秋空高く見られる美しい雲。対流圏上部(日本付近では高度5~13キロメートル)の前線面に沿い、空気がゆっくり上昇するときに発生する氷晶雲である。厚さが薄いため、影はできない。大きく広がっているわりにはすぐに消えてしまう。太陽からの角度によっては虹(にじ)のように光って見えることがあり、これを彩雲という。
 巻積雲は輪郭がはっきりしていることが多い。レンズ状になっていることもある。雲の内部には細かい規則的な模様が見られる。小石を並べたような形、鱗(うろこ)のような形、水面にたつさざ波のような形など印象的なものが多く、鱗雲(うろこぐも)、鰯(いわし)雲、さば雲、小河原(おがわら)雲などとよばれて、昔から人々に愛されてきた。全体がレンズ状になったレンズ状巻積雲、上部が積雲のように盛り上がっている塔状巻積雲、雲底に凹凸があって、尾流雲を伴う房状巻積雲に分類されている。なお、気象庁は1964年(昭和39)、「巻」は「けん」とは読まないとした当用漢字音訓表にあわせるため表記を「絹積雲」に改めた。しかしその後、1981年に制定された常用漢字表では「巻」を「けん」と読むことが認められたため、88年4月1日に従来の表記に戻された。[木村龍治]
『高橋健司著『Cloud――造形美の競演』(1998・誠文堂新光社) ▽山田圭一撮影『雲の四季』(1999・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

巻積雲の関連キーワード云・吽・暈・蘊・運・雲さば(鯖)雲ベナールの渦はちの巣雲レンズ雲十種雲形穴空き雲放射状雲乳房雲尾流雲房状雲塔状雲高積雲層状雲波状雲絹積雲曇り斑雲薄曇