ベナール対流(読み)ベナールタイリュウ

デジタル大辞泉の解説

ベナール‐たいりゅう〔‐タイリウ〕【ベナール対流】

水平な液体層の下面を一様に加熱、または上面を冷却することで温度勾配をつくりだしたとき、規則的なパターンを伴って生じる対流。液体層の上方からみると、蜂の巣のようなパターンで配列した細胞状の渦の領域が見られる。この個々の渦をベナール渦といい、中心部では上向きの、周縁部では下向きの流れが生じている。1900年にフランスの物理学者アンリ=ベナールが発見し、のちに英国のレイリーが理論的な研究を行った。レイリーベナール対流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ベナールたいりゅう【ベナール対流】

下側のほうが温度の高い水平な二平面の間に起こる対流。温度差や平面の間隔によって独特の規則的なパターンを示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android