コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温度勾配 オンドコウバイ

3件 の用語解説(温度勾配の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おんど‐こうばい〔ヲンド‐〕【温度勾配】

物体や空間の温度分布が定常状態(時間的に変化しない場合)にあるとき、任意の二点間における温度の変化率。一般に、2点A、Bの温度をTA、TB(ただし、TAはTBより大きい)、AB間の距離をDとすると、その温度勾配は(TA-TB)/Dで表される。気象学の分野では気温勾配ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

温度勾配

地下増温率(geothermal gradient)または地温勾配と同じ.温度勾配だけでは岩石学など地球科学の用語とは限らない

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

温度勾配

 物体内の温度の空間的な変化の大きさ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

温度勾配の関連キーワード応答遷移確率定常状態サーモグラフィー物体非定常流凍結曲線速度分布則ビヤクネス定理(海流)大気じょう乱(大気擾乱)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone