コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニタケ(紅茸) ベニタケRussula emetica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニタケ(紅茸)
ベニタケ
Russula emetica

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。ドクベニタケあるいはベニシメジともいう。夏秋に,広葉樹林または針葉樹林下の地上に生える。傘は丸山形でのちに開いて平らになる。概して美しい紅色,ときに帯赤紅色または白色で径2~11cmとなる。柄は太さ 0.5~3cm,長さは2~6cm,白色で円筒形。毒性があるというが疑わしい。北海道,本州,九州,ヨーロッパ,北アメリカ,オーストラリア,小アジア地方にも分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベニタケ【ベニタケ(紅茸) Russula】

担子菌類ハラタケ目ベニタケ科のベニタケ属Russulaのキノコの総称。ドクベニタケR.emetica (Fr.) S.F.Gray(イラスト),ヤブレベニタケR.lepida Fr.,コベニタケR.fragilis Fr.その他紅色のキノコが多く,昔はまとめてベニタケと呼んだ。ベニタケ科は,乳を分泌するチチタケ属と,乳を出さないベニタケ属に分けられる。ともに肉は硬いがもろくて砕けやすい。キノコが繊維状の菌糸のほかに,球形の細胞で組み立てられるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報