コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベヌエ[川] ベヌエ

百科事典マイペディアの解説

ベヌエ[川]【ベヌエ】

アフリカ西部,ニジェール川最大の支流。全長1416km。カメルーン北部の山地に発し,ほぼ東西に流れ,ナイジェリア中央部のオコジャ付近でニジェール川に合する。ナイジェリア領内では大部分航行可能。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のベヌエ[川]の言及

【ナイジェリア】より

…遠くギニアの山地に源を発したニジェール川は,大きく屈曲しながら西アフリカを貫流し,ニジェールとベニンの国境に沿いながらナイジェリアに流入する。ケッビ川など北部の河川を集めたニジェール川は,ナイジェリア西部を南東流して,ロコジャ付近でベヌエ川Benue Riverと合流する。ベヌエ川はカメルーン中部のアダマワ高原にその源を発し,カメルーン中北部からナイジェリアに入り,南西流してニジェール川に合流する。…

※「ベヌエ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android