ベルニス コピエテルス(英語表記)Bernice Coppieters

現代外国人名録2012の解説

ベルニス コピエテルス
Bernice Coppieters


国籍
ベルギー

専門
バレリーナ

肩書
モナコ公国モンテカルロ・バレエ団エトワール

出生地
ベルギー

学歴
アントワープバレエ学校卒

経歴
5歳からバレエを始め、アントワープバレエ学校で学ぶ。1988年ローザンヌ国際バレエコンクールでプロフェッショナル賞を受賞後、米国のジュリアードに留学。デイトナ・バレエ、ロイヤル・フランダース・バレエ団などを経て、’91年モナコ公国モンテカルロ・バレエに入団。’95年エトワールとなる。モデルのような容姿、高度な技術、抜群の存在感で、ジャン・クリストフ・マイヨーのほとんどすべての作品に出演。主なレパートリーにマイヨー振付「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」「ラ・ベル(眠れる森の美女)」「夢 Le Songe」、ベジャール振付「ボレロ」など。

受賞
ローザンヌ国際バレエコンクール・プロフェッショナル賞〔1988年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android