容姿(読み)ようし

精選版 日本国語大辞典「容姿」の解説

よう‐し【容姿】

〘名〙 すがたかたち。顔だちと体つき。容貌風姿。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・初冬述懐詩〈藤原敦光〉「心操逐時耄、容姿随歳枯」
※和蘭皿(1904)〈生田葵山〉糸の縺れ「其の容姿(ヨウシ)を垣間見て、思ひを寄せ」 〔陸機‐擬青青河畔草詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「容姿」の解説

よう‐し【容姿】

顔だちとからだつき。すがたかたち。「容姿の整った人」「容姿端麗」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android