コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペクチンリアーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ペクチンリアーゼ

 [EC4.2.2.10].ペクチンを,末端残基のC-4, C-5間に不飽和結合をもつオリゴ糖に変換する反応を触媒する酵素.[Aspergillus niger]などが作る酵素.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ペクチンリアーゼの関連キーワードアルドラーゼアコニターゼアデニル酸シクラーゼアミノレブリン酸デヒドラターゼアルギニノコハク酸リアーゼウロポルフィリノーゲンIII合成酵素欠損ATPクエン酸リアーゼエノラーゼオルニチン脱炭酸酵素加水酵素

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android