コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペクトゥ(白頭)山脈 ペクトゥさんみゃくPaektu sanchulgi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペクトゥ(白頭)山脈
ペクトゥさんみゃく
Paektu sanchulgi

マチョルリョン (摩天嶺) 山脈とも呼ばれる。北朝鮮の北東部にある山脈。朝鮮半島の最高峰で中国との国境にそびえるペクトゥ山 (2744m) から南南東に延び,マチョルリョン峠 (705m) を経て東海岸付近に達する。全般に地形はけわしい。北部にはソベク (小白) 山 (2174m) ,プクポテ (北胞胎) 山 (2288m) などの山峰がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペクトゥ(白頭)山脈の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国リャンガン(両江)道ポチョンボ(普天堡)ペクトゥ(白頭)山

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android