コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルガ Perga

デジタル大辞泉の解説

ペルガ(Perga)

小アジアにあった古代都市。トルコ語名ペルゲ。現在のトルコ南西部の都市アンタリヤの東約15キロメートル、アクス川沿いに位置する。古代ローマ帝国時代、植民地パンフィリア地方の中心都市として栄えた。聖パウロが最初に布教の地に選び、小アジアにおける原始キリスト教の拠点となった。アクロポリスの丘には神殿や城壁のほか、東ローマ帝国時代の教会跡などが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ペルガの関連キーワードアリアラテス5世エウセベス・フィロパトルアレクサンドリア(古代)アポロニオス(ペルゲの)ハンデル=マツェッティアポロドロス[アテネ]アッタロス[1世]アッタロス(1世)自閉症スペクトラムアッタロス(3世)アッタロス[3世]アスペルガー症候群クラテス[マロス]ファルナケス1世ミトラダテス4世発達障害者支援法アッタロス1世アッタロス2世フィレタイロスアッタロス3世エウメネス1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android