布教(読み)ふきょう

精選版 日本国語大辞典「布教」の解説

ふ‐きょう ‥ケウ【布教】

〘名〙 教理を教え広めること。特に、宗教を一般に広め伝えること。伝道
※法規分類大全‐告・明治五年(1872)六月一二日「今般布教のに差支候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「布教」の解説

【布教】ふきよう(けう)

教化を行う。〔周礼、地官、大司徒〕正、始めて和してへを國のに布き、乃ち(はふ)(法)を象魏(しやうぎ)(城闕)に縣(か)け、をして象をしむ。

字通「布」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の布教の言及

【伝道】より

…仏教でもこの語を用いることがあるが,主としてキリスト教会,とくにプロテスタント教会の用語である。カトリック教会では布教あるいは宣教と呼ぶことが多い。キリスト教会では伝道を広狭両義で理解する。…

※「布教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android