コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンタカルボニル鉄 ペンタカルボニルてつiron pentacarbonyl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンタカルボニル鉄
ペンタカルボニルてつ
iron pentacarbonyl

化学式 Fe(CO)5 。無色ないし黄色の油状液体。比重 1.46。細粉状の鉄を加圧下で一酸化炭素と 150~200℃で加熱して製造する。融点-20℃,沸点 103℃。アルコール,エーテル,ベンゼン,石油ベンジンに溶けるが,水には不溶。可燃性で,燃焼すると酸化鉄 Fe2O3 が残る。この反応は顔料ならびに研磨用のべんがらの製造に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペンタカルボニル鉄の関連キーワード鉄カルボニル(データノート)カルボニル化合物カルボニル鉄鉄カルボニル石油ベンジンアルコール一酸化炭素ベンゼンエーテル酸化鉄可燃性融点不溶比重沸点顔料

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android