コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べんがら べんがら iron oxide red; rouge

2件 の用語解説(べんがらの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

べんがら
べんがら
iron oxide red; rouge

赤色顔料の一種。紅殻 (べにがら) ともいう。三酸化第二鉄 Fe2O3 の別名。おもに硫酸鉄や鉄鉱滓に硫酸を加えて焙焼 (650~700℃) してつくる。赤褐色の粉末で耐光性,耐熱性がよく,アルカリにも安定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

べんがら
べんがら
red iron oxide

酸化鉄()α-Fe2O3を主成分とする赤色酸化鉄顔料の一般名で、酸化鉄系顔料中、生産量はもっとも多く、日本での生産量は16万8800トン(2006)。べんがらの名称は、最初に産出したインドのベンガル地方に由来するとされている。製法は、黒色酸化鉄あるいは黄色酸化鉄の熱分解、第二鉄塩水溶液にアルカリを加える方法など種々あるが、大部分のべんがらは硫酸鉄()七水和物FeSO4・7H2Oからつくられる。すなわち、脱水して一水和物とし、トンネル炉、回転炉などで熱分解する方法で、温度、昇温速度、炉内雰囲気により色調を調節し、橙赤(とうせき)から紫色にかけての製品を得る。この色調は粒子の大きさに左右され、0.25~1.0マイクロメートルの間で、小さいほうから黄口、赤口、紫口となる。あらゆる塗料、ゴム、製紙、セメント、インキ、陶磁器の釉(ゆう)などの着色、ガラス、金属の研磨等に広く利用されている。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べんがらの関連キーワード赤色顔料インド赤紅殻紅殻格子・紅柄格子弁柄・紅殻インディアンレッド紅額弁柄ルブリカべんがら(弁柄∥紅殻)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べんがらの関連情報