コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べんがら iron oxide red; rouge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

べんがら
iron oxide red; rouge

赤色顔料の一種。紅殻 (べにがら) ともいう。三酸化第二鉄 Fe2O3 の別名。おもに硫酸鉄や鉄鉱滓に硫酸を加えて焙焼 (650~700℃) してつくる。赤褐色の粉末で耐光性,耐熱性がよく,アルカリにも安定している。ゴム,セメント絵具などの顔料,瓦などの着色剤に,またガラス,金属用研磨材として用いられるほか,高純度のものは防錆塗料に利用されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

べんがら
べんがら
red iron oxide

酸化鉄()α-Fe2O3を主成分とする赤色酸化鉄顔料の一般名で、酸化鉄系顔料中、生産量はもっとも多く、日本での生産量は16万8800トン(2006)。べんがらの名称は、最初に産出したインドのベンガル地方に由来するとされている。製法は、黒色酸化鉄あるいは黄色酸化鉄の熱分解、第二鉄塩水溶液にアルカリを加える方法など種々あるが、大部分のべんがらは硫酸鉄()七水和物FeSO4・7H2Oからつくられる。すなわち、脱水して一水和物とし、トンネル炉、回転炉などで熱分解する方法で、温度、昇温速度、炉内雰囲気により色調を調節し、橙赤(とうせき)から紫色にかけての製品を得る。この色調は粒子の大きさに左右され、0.25~1.0マイクロメートルの間で、小さいほうから黄口、赤口、紫口となる。あらゆる塗料、ゴム、製紙、セメント、インキ、陶磁器の釉(ゆう)などの着色、ガラス、金属の研磨等に広く利用されている。[大塚 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

べんがらの関連キーワードべんがら(弁柄∥紅殻)ペンタカルボニル鉄七宝(工芸)ベイルビー層酸化鉄系顔料村山 古郷黄色酸化鉄内田 百閒成羽[町]蛇の目傘戸田工業浄法寺塗籃胎漆器香川漆器船底塗料木地蝋塗村山古郷山代温泉色彩調節無機顔料

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べんがらの関連情報