ページャー(読み)ぺーじゃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ページャー

ポケットベル表示画面を持つ小型の無線端末機。携帯型の無線端末機を電話機から呼び出すシステムで、呼び出し以外にメッセージの送受信が可能なものもある。FM放送の電波の一部を利用してメッセージを伝送するFMページャーも一部の国で提供されている。ページャーは国際的な用語。国内ではNTTドコモグループの提供するクイックキャスト(旧ポケットベル)が知られているが、2007年3月でサービスを終了する予定。UNIXのフィルターUNIXのフィルターのひとつ。1画面におさまりきらないテキストファイルを画面全体で表示できるように設定を調整するプログラムのこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ページャー(pager)

ポケットに入る小型の無線受信端末。液晶画面に数字列や簡単な文字列などを表示できる。普通の電話機から呼び出してメッセージ文を送ることはできるが、通話はできない。日本ではNTTが同サービスを「ポケットベル」と呼称していたため、その名称が広く使われるようになった。一般名詞としてはページャーという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android