コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウ(硼)砂球試験 ほうしゃきゅうしけん

1件 の用語解説(ホウ(硼)砂球試験の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホウ(硼)砂球試験【ほうしゃきゅうしけん】

ホウ砂粉末を熱すると結晶水を失ってガラス状の溶球になるが,これを白金線上でつくり金属酸化物または塩類をつけて共融すると各金属に特有の呈色反応を示す。これを利用した元素の検出試験をホウ砂球試験という。
→関連項目ホウ(硼)砂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のホウ(硼)砂球試験の言及

【溶球試験】より

…溶球反応bead reactionともいう。ホウ砂Na2B4O7・10H2Oまたはリン塩(リン酸水素アンモニウムナトリウム)NaNH4HPO4・4H2Oを強熱してできるガラス状の溶球に金属酸化物または塩類が溶けて着色することを利用するもので,溶球にホウ砂を用いるものをホウ砂球試験borax bead test,リン塩を用いるものをリン塩球試験phosphate bead testという。まず,先端を直径3mm程度の環状に巻いた白金線をバーナーで強熱し,これにホウ砂またはリン塩の粉末を付着させて再び熱する。…

※「ホウ(硼)砂球試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウ(硼)砂球試験の関連キーワード結晶化ガラス結晶水ホウ砂ガラス紙熱天秤硼砂フォトクロミックガラスガラスセラミック無水グルコース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone