コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶球試験 ようきゅうしけん

世界大百科事典 第2版の解説

ようきゅうしけん【溶球試験 bead test】

定性分析に利用される乾式法予備試験の一つ。溶球反応bead reactionともいう。ホウ砂Na2B4O7・10H2Oまたはリン塩(リン酸水素アンモニウムナトリウム)NaNH4HPO4・4H2Oを強熱してできるガラス状の溶球に金属酸化物または塩類が溶けて着色することを利用するもので,溶球にホウ砂を用いるものをホウ砂球試験borax bead test,リン塩を用いるものをリン塩球試験phosphate bead testという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溶球試験
ようきゅうしけん
bead reaction

金属塩類の定性分析を行う際の予備試験の一つ。溶球として普通はホウ砂(しゃ)球とリン塩球が使われるので、ホウ砂球試験およびリン塩球試験の総称として使われる。
 前者はホウ砂Na2B4O7・10H2Oを加熱脱水したあと強熱し、融解して生じるホウ砂球を用い、各金属塩類の呈色反応を利用するものであり、後者はリン酸水素アンモニウムナトリウムNaNH4HPO4・4H2Oを脱水強熱して生じるリン塩球を用いて各金属塩類の呈色反応を利用するものである。
 ホウ砂球はメタホウ酸ナトリウムNaBO2と無水ホウ酸B2O3が主体であり、
  Na2B4O7・10H2O
   →Na2B4O7+10H2O
  Na2B4O7→2NaBO2+B2O3
リン塩球はメタリン酸ナトリウムNaPO3が主体である。
  NaNH4HPO4・4H2O
   →NaPO3+NH3+5H2O
 これらの溶球に金属塩類を含む試料をつけて酸化炎で加熱融解すると金属酸化物MO(たとえば二価金属として)となり、メタホウ酸ナトリウムや無水ホウ酸あるいはメタリン酸ナトリウムと反応する。
  MO+2NaBO2→M(BO2)2+Na2O
  MO+B2O3→M(BO2)2
  MO+2NaPO3→M(PO3)2+Na2O
 このようにして生じる金属のメタホウ酸塩やメタリン酸塩は金属元素によって特有の色を呈するので定性分析を行うことができる。一方、還元性雰囲気(還元炎)で強熱すれば、金属は低酸化状態もしくは単体まで還元され、金属特有の色を呈する。溶球試験は一般に酸化炎と還元炎とで異なる色を呈することが多く、同時にまた熱時と冷時とで色調が異なることがある。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

溶球試験の関連キーワードリン酸水素アンモニウムナトリウム呈色反応

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android