コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウネンエソ ほうねんえそ

2件 の用語解説(ホウネンエソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウネンエソ
ホウネンエソ

ノコバホウネンエソ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウネンエソ
ほうねんえそ / 豊年狗母魚
hatchetfish
[学]Polyipnus spp.

硬骨魚綱ワニトカゲギスムネエソ科の一属の総称。この和名はこれまで数種に用いられたため、混乱を避け、属の名称として用いる。世界の深海に広く分布する。体高が高く、体はきわめて扁平(へんぺい)である。口はほとんど垂直に近く、歯は小さい。腹縁は薄くて鋭い。臀(しり)びれの基底上方に三角の透明板がない。後側頭骨の棘(とげ)はよく発達し、背びれ前方の背刀は短い棘からなる。体側や喉胸(こうきょう)部に列をなして並ぶ発光器群と、散在する単独の発光器がある。腹部発光器は10個、臀びれ発光器は6個以上ある。本属は21種が知られている。水深50~400メートルに生息する深海魚である。昼間は海底近くに、夜間は海面近くへ上昇することが知られる。近縁属にはムネエソ属、テンガンムネエソ属などがある。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホウネンエソの言及

【ムネエソ】より

…カツオ・マグロ類の胃内からもよく発見される。ムネエソ科Sternoptychidaeの魚類はホウネンエソ属,ムネエソ属,テンガンムネエソ属の約50種が全世界より,約17種が日本近海から知られている。そのうちホウネンエソ属は陸棚周辺海域中心に分布するのに対し,他の2属は外洋域中心の分布をする。…

※「ホウネンエソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホウネンエソの関連情報