コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海 シンカイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐かい【深海】

ふかいうみ。海洋動物学では水深200メートル以上、海洋学では2000メートル以上の深さの海をいう。光が透過せず、光合成は行われない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんかい【深海】

海洋生物学では深海deep‐seaとは,水深200m以深をいい,200~3000mを漸深海帯bathyal zone(もしくはarchibenthal zone),3000m~大洋底(約6000m以浅)を深海帯abyssal zone,それ以深の海溝部を超深海帯hadal zone(もしくはultra‐abyssal zone)という。海洋の構造のうえから見ると,海表面から深度200mまでは季節変化を受け表層(表面混合層とも)と呼ばれ,それ以深200~1000mに温度が急激に下降する主躍層があり,1000~3000mまでは徐々に下降し,3000m以深はほぼ一定である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんかい【深海】

深い海。 ↔ 浅海
海洋学では、一般に2000メートル 以深の所をさす。動物相では、大陸斜面上限の水深200メートル 以深をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

深海
しんかい
abyssdeep sea

どの程度の深さからを深海というかの明確な定義はない。海洋学では、一般に2000メートルより深い所をさすことが多く、1000メートル以浅に使われることはまずない。英語のabyssalという形容詞は300尋(ひろ)(約540メートル)以深をいい、深海動物相でいう深海は大陸斜面上限以深のものをいう。海底地形の深海底は深さ2000~6000メートルの海底部をさすが、そのうち深さ4000~5000メートルの部分の面積は全海底の約3分の1で、もっとも広い。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の深海の言及

【海】より

…ここから約4000mまでの深さの海底の占める面積は小さく,その傾斜は急で,これを大陸斜面という。しかし,約4000mから約6000mまでの海底の占める面積はきわめて広大で,全地球の面積の半分を占めており,これが深海底の部分である。さらに約6000mよりも深いところはごく狭く,全海洋の1.2%しかない。…

※「深海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

深海の関連キーワードペテルソン(Hans Pettersson)ピカール(Jacques Piccard)ジョイデス・レゾリューション号ジョイデス・レゾリューション仮面ライダーゼロスペクターグロマーチャレンジャー号ハンス ペテルソン堆積速度[深海土]国際海洋底掘削計画ジャック ピカール沈船捜索救助計画沼津港深海水族館西ヨーロッパ海盆国際深海掘削計画深海音波散乱層コニアペライトコロンビア海盆深海掘削計画漸深海堆積物深海海底地形

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

深海の関連情報