コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウライタケ(蓬莱茸) ホウライタケMarasmius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウライタケ(蓬莱茸)
ホウライタケ
Marasmius

担子菌類マツタケ目シメジタケ科の1属。シバフタケ M. oreadesのように芝生や庭園地上に生える比較的大型のもの,また腐りかけた広葉樹の落ち葉の上に生えるオチバタケ M. androsaceusハリガネオチバタケ (針金落葉茸) ,イネ科の草の枯れた茎に生えるヒメホウライタケ M. graminum,立ち木の根もとや落葉上に生えるシロヒメホウライタケ M. rotulaなどがこの仲間に入れられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android