ホセ・ルイス ゲリン(読み)ホセルイス ゲリン(英語表記)José Luis Guerín

現代外国人名録2012の解説

ホセ・ルイス ゲリン
ホセルイス ゲリン
José Luis Guerín


国籍
スペイン

専門
映画監督

生年月日
1960

出生地
バルセロナ

経歴
幼少時代からバルセロナのシネマテーク(映画の研究・保存施設)で様々なクラシック映画を観る。15歳から8ミリ映画を撮り始め、映画学校に進み、16ミリの習作を撮る。1985年長編劇映画「Los Motivos de Berta」で監督デビュー、ベルリン国際映画祭フォーラム部門特別賞受賞。’90年ジョン・フォード監督へのオマージュを捧げたドキュメンタリー「イニスフリー」がカンヌ国際映画祭“ある視点”部門に選出される。2010年「シルビアのいる街で」が東京国際映画祭で大きな話題を呼び、初めて日本で劇場公開される。他の作品に「City Life」(1990年)、「Tren de Sombras」(’97年)、「En construccion」(2001年)など。

受賞
ベルリン国際映画祭フォーラム部門特別賞〔1985年〕「Los Motivos de Berta」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android