コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重陽 ちょうよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重陽
ちょうよう

菊の節供九月節供重九 (ちょうく) ともいう。五節供の一つ。旧暦9月9日の節供で,奈良時代より,宮中では天皇が紫宸殿に出御し,群臣を賜わり詩歌文章をつくらせる菊花の宴が行われ,年中行事となった。月と日に9の陽数が重なるのでこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐よう〔‐ヤウ〕【重陽】

《陽数である九を重ねる意から》五節句の一。陰暦9月9日のこと。また、その日に行われる節会(せちえ)。中国を起源とし、日本では平安時代に宮中の年中行事として菊の宴が催された。菊の節句。重陽の節。重九。 秋》「―の山里にして不二立てり/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重陽【ちょうよう】

旧暦9月9日の節供。菊の節供とも。陽数の9を重ねためでたい日で,中国ではこの日,茱萸(しゅゆ)を飾り,高所に登って菊酒を飲み,長寿を願い災難を払う風習があった。
→関連項目お九日

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうよう【重陽】

9月9日の節供。陽数(奇数)の極である9が月と日に重なることからいい,重九(ちようきゆう)ともいう。中国行事の渡来したもので,邪気を避け,寒さに向かっての無病息災,防寒の意味もあった。菊花宴ともいい,685年(天武14)を起源とするが,嵯峨天皇のときには,神泉苑文人を召して詩を作り,宴が行われていることが見え,淳和天皇のときから紫宸殿で行われた。菊は霊薬といわれ,延寿の効があると信じられ,この日,菊酒を飲むことも行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうよう【重陽】

〔陽数である九が重なることから〕
五節句の一。陰暦九月九日に行われる節会せちえ。中国から伝わり、平安時代には宮中の年中行事となって観菊の宴が催された。菊の節句。重九。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重陽の言及

【お九日】より

…9月9日,重陽(ちようよう)の日を,秋祭の日とする風から,尊んでお九日といったもの。供日,宮日などとも書く。…

【重日】より

…古来,中国では3月3日,5月5日,7月7日,9月9日というように,月の数と日の数とを重ねた重日をたいせつな節供としてきた。この上巳(じようし),端午(たんご),七夕,重陽(ちようよう)に1月7日の人日(じんじつ)を加えて五節供と称することは,朝鮮,日本でも行われている。また五節供とは別に,暦注の一つとしての重日があり,これは中国の易学の影響を受けて成立した。…

【数】より

…8だけでなく,3や5も三世界(高天原,黄泉(よみ)国,現(うつし)国)や三種の神器,イザナミ・イザナキの三貴子,宗像(むなかた)の三女神,五魂(海,川,山,木,草),五十猛(いそたける)神,五部(いつとも)神などの例があり,吉数とみられていた。しかし,《日本書紀》あたりからしだいに大陸文化を尊ぶ風が盛んになって,七夕(7月7日)や重陽(9月9日)の節供のように8に代わって7や9が聖数として重視されるようになり,今日では七五三,三三九度,お九日をはじめとして民俗のうえでは欠くことのできない重要な数となっている。 数は民俗の中では,俗信における語呂合せなどに基づく不定のものと,年中行事や人生儀礼での期日,供物の数,行為の回数,年齢など一定しているものとがある。…

※「重陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重陽の関連キーワード貝回し・海蠃回し茱萸袋・胡頽子袋重陽立教十五論重陽の節句九日の節句高きに登る九月の節句御冠船踊り菊の被せ綿久鳳舎桐丸栗の子餅後日の菊JIPA残りの菊九月節句九日の宴重陽の宴後の雛全真教菊供養

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重陽の関連情報