習作(読み)シュウサク

  • しゅうさく シフ‥
  • しゅうさく〔シフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)文芸・音楽・絵画・彫刻などで、練習のために作品をつくること。また、その作品。エチュード。「少女像を粘土で習作する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

美術・音楽・文芸などで、練習のために作った作品。エチュード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文芸、絵画、彫刻、音楽などで、練習のために作品を作ること。また、その作品。
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一九「その体裁は間々に習作めいた短い話を幾つも挿んであるので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の習作の言及

【素描】より

…即興性と速写生を特質とする,簡単な素材による素描の総称であり,ルネサンス(16世紀)においては芸術的発想の第一段階としてもっとも重要視された。(2)習作study フランス語でエチュードétudeまたはエスキスesquisseという。スケッチと対照的に,ある対象を入念に観察し,研究するための素描をさす。…

※「習作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習作の関連情報