視点(読み)してん

精選版 日本国語大辞典「視点」の解説

し‐てん【視点】

〘名〙
視線のそそがれるところ。
※予言者ヨナ(1928)〈高橋新吉〉「ヨナの目はギロギロ光ってゐる。瞳孔が拡大して視点が定まってゐない」
② 物を見たり考えたりする立場観点
※女房的文学論(1947)〈平野謙〉「だが、その独特なリアリズム文学を貫徹するものがほかならぬ女房的視点だった事実は、まだ何人も指摘していないようだ」
絵画遠近法で、視線と直角にまじわる画面上の仮定の一点。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android