コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視点 シテン

デジタル大辞泉の解説

し‐てん【視点】

視線の注がれるところ。
物事を見たり考えたりする立場。観点。「視点を変えて考える」「相手の視点に立つ」
透視図法で、画像と直角に交わる仮定の一点。対象を眺める位置。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

してん【視点】

物事を観察する立場。観点。 「 -を変えるといい考えが浮かぶ」
遠近法で、投射線(視線)が集まる画面の特定の一点(目の位置)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

視点の関連キーワードKPI(Key Performance Indicator)バランス・スコアカードボタ山であそんだころパースペクティビズムフェミニストセラピーショートターミズム敵の名は、宮本武蔵ビジネス・ポリシーブレーブ・イーグルビューイング座標系わたしのいもうとお兄ちゃんずるいビューポイントジャンクアートはじまりへの旅ぼくの村の話原発のコスト花はくれないグローバル戦略の3C

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視点の関連情報