視点(読み)してん

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐てん【視点】

〘名〙
① 視線のそそがれるところ。
※予言者ヨナ(1928)〈高橋新吉〉「ヨナの目はギロギロ光ってゐる。瞳孔が拡大して視点が定まってゐない」
② 物を見たり考えたりする立場。観点。
※女房的文学論(1947)〈平野謙〉「だが、その独特なリアリズム文学を貫徹するものがほかならぬ女房的視点だった事実は、まだ何人も指摘していないようだ」
③ 絵画の遠近法で、視線と直角にまじわる画面上の仮定の一点。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐てん【視点】

視線の注がれるところ。
物事を見たり考えたりする立場。観点。「視点を変えて考える」「相手の視点に立つ」
透視図法で、画像と直角に交わる仮定の一点。対象を眺める位置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例