コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルンフェルス組織 ホルンフェルスそしきhornfels texture

岩石学辞典の解説

ホルンフェルス組織

強い接触変成作用によって形成される特有の組織.通常は原岩よりもやや粒度が粗く,一般に変形を受けていない.細粒または粗粒で片理や裂開はなく,構成鉱物は大体等粒であり,片麻状,片状,粒状とは区別される.この組織をもつ岩石がホルンフェルス.また,新しい変成鉱物の点紋(spot)が形成されることがある.ホルムスは鉱物の点紋を含む組織をマキュローズ(maculose)組織とした[Holmes : 1920].ラテン語でmaculaは班点の意味.しかし,マキュローズ組織という語はあまり使用されていない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android