裂開(読み)レッカイ

化学辞典 第2版「裂開」の解説

裂開
レッカイ
parting

結晶が,ある結晶面に平行して分離する性質.へき開とよく似ているために見あやまる場合が多い.へき開が鉱物のすべての結晶につねに存在する固有の性質であるのに反して,開はつねに存在するとは限らない.裂開は結晶が生成されたのちに,応力またはその他の変動によって生じた脆弱性に起因する.コランダムでは,結晶によって底面,りょう面,柱面の三つの方向に平行な裂開がある.なお“擬へき開”とよばれる場合もある.磁鉄鉱によくみられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「裂開」の解説

れっ‐かい【裂開】

〘名〙
① さけ開けること。また、さき開くこと。
※東京大正博覧会出品之精華(1914)〈古林亀治郎〉五「其他標本、掛図等には、ウグヒの腹壁を裂開して腹壁内にリグウラの寄生する位置を示せるもの」
② 鉱物が、結晶学的には一定でない方向の面に沿って割れること。劈開(へきかい)に対していう。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「裂開」の解説

れっ‐かい【裂開】

[名](スル)
さけてひらくこと。また、さいてひらくこと。
鉱物が外力を受けたときに、劈開(へきかい)面以外で、ある結晶面に平行に割れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の裂開の言及

【鉱物】より

…(1)比重 鉱物はその化学組成,結晶構造の相違により幅広い比重の分布がみられ,1以下より20くらいのものも存在するが,2~4の範囲のものが多い。(2)へき開,裂開,断口 鉱物を破壊した場合にその破面は鉱物ごとに異なる状態を示す。へき開はその鉱物の結晶方位に関係のある特定の方向に平面を示して割れる現象であり,結晶構造,化学結合などと明瞭な関係をもつ。…

※「裂開」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android