コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンヤン(衡陽)特別市(読み)ホンヤン(英語表記)Hengyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンヤン(衡陽)〔特別市〕
ホンヤン
Hengyang

中国華中地方,フーナン (湖南) 省東部の市。5つの市区とライヤン (来陽) 市ほか6県から成り,省都チャンシャー (長沙) 特別市に次ぐ省第2の大都市である。シヤン (湘) 江にレイ (耒) 水とチョン (蒸) 水が合流する地にある。華中と華南を結ぶ交通の要地であるとともに,肥沃なホンヤン盆地の中心地として発達。漢代に開け,隋代に衡陽県となって衡州の州治,明清では衡州府の府治。チンコワン (京広) 鉄道とシヤンクイ (湘桂) 鉄道の分岐点でもあるために,省南東部の農産物,林産物鉱産物の大部分を集散している。工業の発展もめざましく,特に鉱山機械,精密機械などの機械工業が発達している。建材,化学,紡織などの工場もある。周辺地域では,ホントン (衡東) 県の柑橘やチャンニン (常寧) 県シュイコウシャン (水口山) の亜鉛,鉛などの生産が知られる。北部のホン (衡) 山は中国五岳の一つ。人口 644万 7999,うち市区人口 71万 1035 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android