コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーマン Christian Heinrich Hohmann

世界大百科事典 第2版の解説

ホーマン【Christian Heinrich Hohmann】

1811‐61
ドイツの作曲家,音楽教育家。1833年よりニュルンベルク近郊のアルトドルフの教員養成所で,45年以降シュワーバハの養成所で,それぞれ講師を務めた。教育の面で大きな貢献をなし,その《作曲教程》(1846),《ピアノ教則本》(1847),《バイオリン教則本》(1849)は各国語に訳されて多くの版を重ねた。とくに日本では,昭和50年代までバイオリンの初心者入門用にもっぱらホーマンの教則本が使われていたが,最近はチェコのバイオリン奏者シェフチークOtakar Ševčík(1852‐1934)の教本その他の多様な教材も採用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホーマンの関連キーワードホーマントランスファー軌道キャブ キャロウェイ均衡理論(社会学)ホーマン転移軌道ホーマン遷移軌道ホーマン軌道松田 優作集団社会学8月11日社会体系交換理論ポール牧堀正彦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホーマンの関連情報