コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山 カタヤマ

デジタル大辞泉の解説

かた‐やま【片山】

山の片側。また、一方が傾斜面になっている山。一説に、一つだけ孤立した山、また人里離れた山とも。
「この―に二つ立つ櫟(いちひ)がもとに」〈・三八八五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたやま【片山】

一方が崖がけになっている山。一説に、孤立した山。 「あしひきのこの-に二つ立つ櫟いちいが本に/万葉集 3885

かたやま【片山】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

片山の関連キーワード三重県度会郡南伊勢町阿曽浦きは なんにも いわないの香川県小豆郡土庄町豊島甲生おやすみなさい コッコさん静岡県静岡市駿河区大谷ヒステロマグマテイックプチリングキャンディーでんでんだいこ いのちどんどん どんどん井上八千代(4代)からだっていいな片山ストラテック松本ネット殺人片山九郎右衛門でんでん太鼓命コルゲーションアルコサイトマグマ溜まり片山古墳群火山噴出物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片山の関連情報