貢献(読み)こうけん

精選版 日本国語大辞典「貢献」の解説

こう‐けん【貢献】

〘名〙
① みつぎものをたてまつること。物をささげ出すこと。また、その品物
※令義解(718)職員「掌金銀。〈略〉諸蕃献奇瑋之物。年料供進御服。及別勑用物事
※読史余論(1712)三「洛中の商賈に金銀をあづけて、毎月にその息利を貢献すべしと約し」 〔国語‐呉語〕
② ある物事に力を尽くして、利益をもたらすこと。また、公のために力を尽くすこと。
破戒(1906)〈島崎藤村〉二「県下教育の上に貢献すること尠(すくな)からずと書いてあった」

く‐けん【貢献】

〘名〙 (「く」は「貢」の呉音) =こうけん(貢献)〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貢献」の解説

こう‐けん【貢献】

[名](スル)
ある物事や社会のために役立つように尽力すること。「学界の発展に貢献する」「貢献度」
貢ぎ物を奉ること。また、その品物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android