貢献(読み)コウケン

デジタル大辞泉の解説

こう‐けん【貢献】

[名](スル)
ある物事や社会のために役立つように尽力すること。「学界の発展に貢献する」「貢献度」
貢ぎ物を奉ること。また、その品物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけん【貢献】

( 名 ) スル
物事や社会に力を尽くして、よい結果をもたらすこと。寄与。 「優勝に-する」 「 -度が高い」
貢ぎ物を奉ること。また、その貢ぎ物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐けん【貢献】

〘名〙 (「く」は「貢」の呉音) =こうけん(貢献)色葉字類抄(1177‐81)〕

こう‐けん【貢献】

〘名〙
① みつぎものをたてまつること。物をささげ出すこと。また、その品物。
※令義解(718)職員「掌金銀。〈略〉諸蕃貢献奇瑋之物。年料供進御服。及別勑用物事
※読史余論(1712)三「洛中の商賈に金銀をあづけて、毎月にその息利を貢献すべしと約し」 〔国語‐呉語〕
② ある物事に力を尽くして、利益をもたらすこと。また、公のために力を尽くすこと。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二「県下教育の上に貢献すること尠(すくな)からずと書いてあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貢献の関連情報