貢献(読み)こうけん

精選版 日本国語大辞典「貢献」の解説

こう‐けん【貢献】

〘名〙
① みつぎものをたてまつること。物をささげ出すこと。また、その品物。
※令義解(718)職員「掌金銀。〈略〉諸蕃献奇瑋之物。年料供進御服。及別勑用物事
※読史余論(1712)三「洛中の商賈に金銀をあづけて、毎月にその息利を貢献すべしと約し」 〔国語呉語
② ある物事に力を尽くして、利益をもたらすこと。また、公のために力を尽くすこと。
破戒(1906)〈島崎藤村〉二「県下教育の上に貢献すること尠(すくな)からずと書いてあった」

く‐けん【貢献】

〘名〙 (「く」は「貢」の呉音) =こうけん(貢献)〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貢献」の解説

こう‐けん【貢献】

[名](スル)
ある物事や社会のために役立つように尽力すること。「学界の発展に貢献する」「貢献度」
貢ぎ物を奉ること。また、その品物。
[類語]寄与献身尽力挺身ていしん奉仕奉公裨益ひえき尽くす骨身を惜しまず粉骨砕身身をにする身を削る骨身を削る命をささげるボランティアサービスアフターサービスケアアフターケアボランタリー自発的公共心公徳心犠牲犠牲的献身的ささげる捨て石利他利他心志願慈善篤志有志殉ずる篤志家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「貢献」の解説

【貢献】こうけん

貢約する。〔国語、呉語〕王親(みづか)ら之れに對(こた)へて曰く、天子命り。にして、貢獻入ること(な)し。上、以て(いの)るべからず。の振(すく)ふ無しと。徒()遽(車)來(きた)りてぐること、日夜相ひ繼ぐ。

字通「貢」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android