コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボインデ ボインデ Beunde; Peunte; Pointe

1件 の用語解説(ボインデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボインデ
ボインデ
Beunde; Peunte; Pointe

中世ドイツにおける耕地形態の一つ。本来は,村落耕地から切り離されて個人的な用益に使用される耕地片を意味し,農耕,採草地用の土地であった。中世になって,領主が新たに開墾した土地で,所領の一部に組込まれた土地を意味するようになり,通常村落耕区の外部にあって囲い込まれており,領主直領地に含まれることもあるが,農民保有地となっている場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボインデの関連キーワード前衛映画東ドイツペルロンレアルシューレ統一ドイツ耕地率経営耕地借入耕地ローマ法の継受《ドイツ法学におけるユダヤ人》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone