農耕(読み)のうこう

精選版 日本国語大辞典「農耕」の解説

のう‐こう ‥カウ【農耕】

〘名〙 田畑を耕すこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二「関路有旅行之人。遙見畬田之。又青柳夾岸、黄鶯囀樹」 〔管子‐乗馬〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の農耕の言及

【新石器時代】より

…装身具として自然金を用いることはあっても,銅,鉄などの金属を加工する知識はもたない。そしてさらに,農耕と家畜飼育の存在と,土器の使用をも考慮に入れている。これらのうちラボックが最も重視したのは磨製石器の出現であったが,打製石器しかみられないデンマークの貝塚文化(エルテベレ文化)を新石器文化として扱っている。…

※「農耕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android