コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウエン比 Bowen ratio

1件 の用語解説(ボウエン比の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ボウエン比【Bowen ratio】

潜熱フラックスに対する顕熱フラックスの比.蒸発散量を間接的な物理量から推定するための熱収支法において用いられる.気象学では上方に向かって流れる顕熱量と,水の蒸発に消費される潜熱量との比をいう.きわめて変動しやすく,ときには負となることもある.海洋上のボウエン比はおよそ+0.1と推定されているが,これはつまり海洋面の受ける熱エネルギーの約90% が水の蒸発熱に費やされていることを示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボウエン比の関連キーワードトラックバックスパムデラックスリラックスルーフラックニースラックスブラックスワンフラッシュピックスフラットタックスラックスハムレフラックスドロマイト化作用

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone