コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発熱 ジョウハツネツ

百科事典マイペディアの解説

蒸発熱【じょうはつねつ】

気化熱

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸発熱
じょうはつねつ
heat of vaporization

液体が同温の気体となる際に吸収する熱エネルギーの量である。気化熱(気化潜熱)ともいう。通常は1グラム当りの熱量(カロリーまたはジュール)で示される。圧力によって定まる値で、水の場合、100℃、1気圧下で1グラム当り539.1カロリーである。熱化学方程式の計算などでは1モル当りの量が用いられ、これはモル蒸発熱あるいはモル気化熱とよばれる(以前は分子蒸発熱とよんだこともあるが、けっして1分子当りの量ではない)。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蒸発熱の言及

【蒸発】より

…コップに水を入れて,常温で十分に広い空間に放置すると,水がすべて蒸発してしまうが,これは気化した蒸気が広い空間に広がって,圧力が飽和蒸気圧に達しないからである。蒸発に際しては,物質は周囲から潜熱(蒸発熱,または気化熱という)を吸収する。夏の暑い日に水をまくと涼しくなるのも,蒸発の際に周囲から熱を奪うためである。…

※「蒸発熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒸発熱の関連キーワードエチルエーテル(データノート)二酸化炭素(データノート)二酸化硫黄(データノート)エタノール(データノート)ベンゼン(データノート)水素(データノート)アントワーヌ方程式トルートンの法則エチルエーテルピッツァーの式ドライアイス液体ヘリウムドレンチャーホルストマンオスマー線図太陽熱冷凍機ワトソンの式乾湿球湿度計アンモニア二酸化炭素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android