コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発熱 ジョウハツネツ

4件 の用語解説(蒸発熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうはつ‐ねつ【蒸発熱】

気化熱(きかねつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蒸発熱【じょうはつねつ】

気化熱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じょうはつねつ【蒸発熱】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸発熱
じょうはつねつ
heat of vaporization

液体が同温の気体となる際に吸収する熱エネルギーの量である。気化熱(気化潜熱)ともいう。通常は1グラム当りの熱量(カロリーまたはジュール)で示される。圧力によって定まる値で、水の場合、100℃、1気圧下で1グラム当り539.1カロリーである。熱化学方程式の計算などでは1モル当りの量が用いられ、これはモル蒸発熱あるいはモル気化熱とよばれる(以前は分子蒸発熱とよんだこともあるが、けっして1分子当りの量ではない)。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒸発熱の言及

【蒸発】より

…コップに水を入れて,常温で十分に広い空間に放置すると,水がすべて蒸発してしまうが,これは気化した蒸気が広い空間に広がって,圧力が飽和蒸気圧に達しないからである。蒸発に際しては,物質は周囲から潜熱(蒸発熱,または気化熱という)を吸収する。夏の暑い日に水をまくと涼しくなるのも,蒸発の際に周囲から熱を奪うためである。…

※「蒸発熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒸発熱の関連キーワード気化加熱加熱器鐘撞き気化熱凝縮熱液化熱気化潜熱包次深根宗継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒸発熱の関連情報