蒸発熱(読み)ジョウハツネツ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒸発熱
じょうはつねつ
heat of vaporization

液体が同温の気体となる際に吸収する熱エネルギーの量である。気化熱(気化潜熱)ともいう。通常は1グラム当りの熱量(カロリーまたはジュール)で示される。圧力によって定まる値で、水の場合、100℃、1気圧下で1グラム当り539.1カロリーである。熱化学方程式の計算などでは1モル当りの量が用いられ、これはモル蒸発熱あるいはモル気化熱とよばれる(以前は分子蒸発熱とよんだこともあるが、けっして1分子当りの量ではない)。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蒸発熱の言及

【蒸発】より

…コップに水を入れて,常温で十分に広い空間に放置すると,水がすべて蒸発してしまうが,これは気化した蒸気が広い空間に広がって,圧力が飽和蒸気圧に達しないからである。蒸発に際しては,物質は周囲から潜熱(蒸発熱,または気化熱という)を吸収する。夏の暑い日に水をまくと涼しくなるのも,蒸発の際に周囲から熱を奪うためである。…

※「蒸発熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android