ボブという名のストリート・キャット

デジタル大辞泉プラスの解説

ボブという名のストリート・キャット

イギリスのジェームズ・ボーエンによるノンフィクション小説。2012年刊行。薬物依存症でホームレス同然の生活をしていた際に出会った、ボブと名付けた茶トラ柄のとの生活の中で、自身が立ち直っていく様子を描く。2016年には映画化された(日本公開は2017年)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android