ボヤン ズルフィカルパシッチ(英語表記)Bojan Zulfikarpasic

現代外国人名録2016の解説

ボヤン ズルフィカルパシッチ
Bojan Zulfikarpasic

職業・肩書
ジャズ・ピアニスト

国籍
フランス

生年月日
1968年

出生地
ユーゴスラビアベオグラード(セルビア)

別名
別名=BOJAN Z

勲章褒章
フランス芸術文化勲章

経歴
ユーゴスラビアのベオグラードで生まれる。ボスニア家系で、セルビア人の血も引く。5歳からピアノを始め、1988年20歳で渡仏。以来、パリで暮らし、フランス国籍も取得。’92年アンリ・テキシェのグループに抜擢され注目を集める。ユーゴスラビアをはじめバルカン半島の多彩な音楽に通じるジャズ・ピアニストとして活躍。’99年北大西洋条約機構(NATO)が両親のいる祖国を空爆した際には、祖国出身の他民族グループでフランス公演を決行した。2006年アジアツアーで来日。アルバムに「Bojan Z Quartet」(1993年)、「Yopla!」(’95年)、「Koreni」(’99年)、「Solobsession」(2001年)、「Transpacifik」(2003年)、「Xenophonia」(2006年)、「Humus」(2010年)、「Soul Shelter」(2012年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android